3035856344

Hello~モシモシ?!

 

 

ある決意

好きになった女性に初めて電話するのは、相手がフィリピーナであっても、

 

「緊張とワクワク」

が入り交じるものだ。

 

 

現代ならスマホ(携帯)があるから、

番号を知っていれば、好きな人にもすぐに連絡ができる。

 

 

 

だが、

海外へ電話となるとまた違ってくる。

 

ましてや、彼女が住んでいるのはフィリピン。

 

 

国際電話が割高だった1990年代、

フィリピンでは固定電話のない家が、まだまだ多い…

とも聞いていた。

 

 

そんな当時のフィリピンに電話をかけるというのは、

 

ある意味で「冒険」だ。

 

 

 

 

あれは、フィリピンパブのスタッフとして働いていた20代の頃のこと―

 

 

 

俺のことを「アサワコ~」と呼んで面白がっていたミキ。

 

彼女がサヨナラパーティーを終え、

フィリピンに帰国してからというもの、

心にポッカリと穴が空いてしまったかの毎日を、俺は過ごしていた…

 

 

 

もちろん、

お店には20人近いタレントがいるから、

相変わらずフィリピーナたちとの「楽しい掛け合い」はあるのだが、

 

やはり、何か物足りない毎日を送っていた。

 

 

見かねた店長からは、

「松ちゃん、ミキ追いかけて、いきなりフィリピンに行くなよ?!」

などと言われる始末。

 

 

 

いやいや、お店は月1日だけの公休日じゃないですか…

 

 

 

忙しい毎日が続く中、

「彼女追いかけてフィリピン行きたいので、お休みください!」

などと言おうものなら、

 

社長から怒鳴られ、却下されるのは目に見えている…

 

 

 

かと言って無断欠勤し、

仕事をすっぽかしてまでフィリピンに飛ぶことは、

やはり考えられなかった。

 

 

 

それをしたら、ただのピン中だ。

(いや、もう十分にピン中…)

 

 

 

 

そんなある日、

俺はついに決意した。

 

 

「彼女に電話しよう!!」

 

 

フィリピン帰国前に、彼女から自宅の電話番号は聞いていた。

 

「電話くれるの、楽しみに待ってるネ~」

そう言って渡してくれた紙切れには、

 

 

63-×××××××××

 

という、

63(国際電話のフィリピンの国番号)

から始まる番号が、独特の書き方で記されていた。

 

 

数字ひとつの書き方も、

日本人とフィリピン人では違う。

 

 

手書きの電話番号を見るたびに、

 

 

彼女の声が聞きたい!!

という思いは募る。

 

 

「よし、仕事休みの明日に電話する」

 

 

 

その日はきた…?!

迎えた翌日。

 

 

フィリピンと日本の時差は1時間。

 

日本が朝10時なら、

フィリピンは朝9時だ。

 

 

さて何時に電話するか?!

 

 

午前中がいいか?

お昼過ぎがいいか?

 

 

いや、待て。

 

彼女以外は日本語を話せない。

家族が出たら英語で話すしかないが、大丈夫か?!

 

などと、

なかなか決心がつかないうちに、

時間だけが過ぎていった。

 

 

 

夕方─

 

ついに、

意を決して携帯を手に取った。

 

国際電話カードの番号に電話し、

アナウンス通りに番号を押していく…

 

 

 

そして…

 

 

♪♪♪~

 

 

国際電話の独特の呼び出し音が、

緊張を高める。

 

 

「(ガチャッ)Hello~?!」

 

女性だ!

だが、ミキではない。

お母さんだろうか…?!

 

こちらの名前と日本人であることを告げ、彼女に繋げてほしいと拙い英語で頼む。

 

 

「◯△☆×★▽◇~」

数秒間、

タガログ語での話し声がする。

 

 

そして…

 

 

 

「Hello~モシモシ~?!」

 

 

 

彼女だ!!!

 

 

フィリピンに帰国してから、まだ1ヶ月ほどしか経っていないが、

久しぶりの彼女の声に、

思わず嬉しさが込み上げる。

 

 

 

軽いジャブが‥?!

初めは、こっちを誰だかわからないようだった。

 

電話が遠いのかな…?!

 

 

 

「もしもし、松田ですけど…」

彼女

「えっ?!◯◯サン?!」

 

 

 

なんと…

 

 

 

嬉しそうに彼女が口にしたのは、

「マツダ」ではなく、

 

発音が似ている、違う名字だった。

 

 

 

 

「!!!!!!…」

 

 

 

「いや、◯◯じゃなくてマツダ。

お店のスタッフだった、

マ・ツ・ダ…」

 

彼女

「あ…マツダさん…?!」

 

 

 

どうやら彼女は、

「お気に入り」だったお客さんからの電話だと、勘違いしたようだ。

 

 

 

そうだよなぁ…

俺はただのスタッフ。

 

 

わかってはいたことだが、

ショックに打ちのめされた。

 

まるでパッキャオが、

笑いながら俺に軽いジャブを見舞ったかのようだ…

 

 

 

 

彼女への初めての電話には、知りたくなかったオマケまでついてしまった。

 

 

 

だが、

これに懲りることなく、

俺は彼女に、

時々は電話するようになった。

 

 

そして、

それは運命的な彼女との再会に、

やがて繋がっていくのだった。

 

 

 

 

そんな、初めての国際電話の思い出だ。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過したが…詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ