3035856344

好きで一緒になったんデショ?

目立ち過ぎるフィリピーナ

フィリピン女性と国際結婚し、

晴れて日本で一緒に暮らせるようになると、

 

 

それまでの苦労(必要書類を揃え、フィリピンの日本大使館に出向いて提出したり、

現地で結婚式を挙げたり…などなど)が報われた嬉しさ、

喜びが、とても大きい。

 

 

 

 

よしっ!!

 

 

 

そんなガッツポーズをしたくなる心境…

 

と言えば、

わかってもらえるだろうか。

 

 

 

 

 

しかし、
世間は、″外国人妻″ に対して厳しい。

 

 

 

 

 

 

あれは結婚一年目、
妻が医者に通院した時のことだ。

 

 

 

一般的にフィリピン人は、日本人よりも肌が浅黒い。

 

目元もパッチリしていて、

化粧も少し濃いめ。

 

 

 

ファッションも日本人女性と違い、
赤、黄、青など、

原色系の派手めな色を好む傾向にある。

 

そして、
イヤリングなどのアクセサリーも目立つ。

 

 

 

 

それはそれで、十分に魅力的だし、チャーミング。
我が妻ながら美しい…

 

そう改めて感じる。

 

 

 

が…

 

 

日本人の中にいると、
あまりにも、目立ち過ぎる…

 

 

 

待合室で待っていて、
名前を呼ばれた妻が立ち上がると、

 

周りに座っていたオバチャンたちが、

「この人、日本人じゃないなぁ~」

といったふうに、
珍しいモノを見るような目で妻を見る。

 

 

もちろん日本人女性の名前ではないし、
見た目も日本人ではない。

 

 

 

日本語もカタコトで完璧には喋れない。

 

 

 

彼女を好きで結婚したはずが、

 

日本人でない外国人と結婚したことに、

多少の「コンプレックス」を、

 

当時の自分は、

感じてもいたのである。

 

 

 

彼女と二人で買い物に行ったり、

外食したりして、

 

 

日本人の人目に触れることを、

恥ずかしく思ったりしたのだ…

 

 

覚悟していたつもりが…

 

これは、

今思うと妻に対して、失礼極まりないこと。

 

 

彼女の一番の理解者、

守るべき存在であるはずの夫が、

 

 

こともあろうに、外国人の妻を恥ずかしいと思うなんて…

 

 

 

 

フィリピン女性と結婚することの、
メリット、デメリットをわかったつもりで結婚したはずなのに。

 

 

 

 

「外国人妻を恥ずかしく思う」という、
「世間体を気にする自分」
が存在していた…

 

 

 

 

今思うと、

情けないくらいに、

 

国際結婚に対しての「覚悟」が、

足りなかった。

 

 

 

白髪になっても‥

 

「日本人女性に相手にされないから、

フィリピン女性と結婚した日本人男性」

「日本人にモテないから、フィリピン女性を選んだ」

 

 

まるで自分に対する、

そんな外野の声が聞こえてくるようだ。

 

 

 

フィリピン女性と結婚する日本人男性に対し、
こんな悪口や陰口が、

 

 

私が結婚した当時は、

平気で世の中に流れていた。

 

 

そして、

 

「フィリピン女性と結婚するなんて、アイツも終わったな…」
という言葉さえも、囁かれる始末。

 

 

 

確かに、

 

母国への送金等の「金銭問題」で揉めたり、

離婚するカップルも多い。

 

 

フィリピン女性と結婚し、

「全財産を無くした」男性がいる…

 

という話も聞いたりする。

 

 

 

だが、
結婚した日比カップルの全てが、

不幸な結果になってる訳ではない。

 

 

結婚して10年、20年しても夫婦仲が良く、

子供にも恵まれ、

幸せなカップルも大勢いる。

 

 

 

 

お互いを尊重し合えるかどうか?

すべてはそれに尽きる。

 

 

 

 

 

好きで結婚したのだから、

ともに白髪になっても仲良くいたい…

 

 

やはり、そう思う。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過したが…詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ