3035856344

クヤシイだから…

 

まるでエイリアン

2020年時点で、

この世界には約79億人の人がいるといわれ、

 

 

男性と女性が、ほぼ同じ割合で生存している。

 

 

それぞれの地域に生まれ、成長し、

やがて結婚し、子孫を残し、

この世を去っていく。

 

 

 

 

ほとんどの人が、

生まれ育った地域(国)の人と結婚し、人生を過ごしている。

それは、ある意味では当然だろう。

 

 

 

 

しかし、

私のように国際結婚している人も、一定数いる。

 

 

どういう巡り合わせなのか、

生まれも育ちも国籍も違う男女が出会う。

 

 

 

もちろん、

初めは言葉も通じないし、

考え方も違う。

 

 

 

 

そう、まるでエイリアンのように…

 

 

それでも、

徐々にお互いを理解し、尊重し合えるようになっていく。

 

 

 

国際結婚には、

そんな醍醐味がある!

 

 

…かもしれない。

 

 

自己主張するから輝く?

日本人は学校でも職場でも、

 

「周囲との摩擦を起こさないように…」

 

ということを大切にし、

時として、自分の気持ちを抑える。

 

 

 

いや、それを求められる。

 

 

 

だが、

フイリピーナである私の妻は、

 

「言いたいことは、ハッキリ言わないとワカラナイし、困るデショウ?!」

 

そう言ってはばからない。

言われてみれば確かにその通りなのだが、

 

 

 

日本人は相手との調和を考えるあまり、
「はっきり言ったら、かどが立ってしまう…」と、

遠慮してしまう。

 

 

「人との調和を大切にするのが、日本人の美徳…」

 

聞こえはいいが、ほどほどにしておくのが、

精神的健康にも良さそうだ。

 

 

 

フイリピーナの妻に限らず、フィリピン人(外国人)が輝いて見えるのは、

自己主張が強いから。

 

 

 

 

時には、相手と喧嘩になっても。

 

 

クヤシイだから…

あれは、

まだ二人が結婚したばかりの頃のこと。

 

 

ある日、

妻が近所の人に挨拶したのだが、

聞こえなかったのか、相手は何も言わなかったとか。

(彼女が言うには、相手とは目が合っていた‥らしい)

 

 

「挨拶したのに、シカトされた‥クヤシイ!!」

 

 

以来、

妻はシカトしたその人に対し、会っても挨拶しなくなった‥

 

 

 

 

 

 

妻の行為は、大人げない…

かもしれないが、

 

自分が挨拶したのに相手が何もリアクションしなかったことを、

 

フィリピン人であることを侮辱された!!

 

妻は、そう受け取ったのだろう。

 

 

 

逆シカトは、

そんな彼女の、ささやかな抵抗なのだろう。

 

 

 

″自己主張をハッキリするところ″ は、新鮮でもあり、

また、魅力の一つに思える。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過したが…詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ