3035856344

鶏の手羽先…

アコがボス‥

「日本人の配偶者」としてビザが下りた彼女を、

フィリピンに迎えに行き、晴れて夫婦として日本入国を果たし、

2人での生活が始まった。

 

フィリピンにいた時と違い、

料理や洗濯の家事を、彼女はしなければならない。

 

 

 

 

『アコ、フィリピンではボスだよ』

そう言って憚らない彼女。

 

 

結婚手続き等でのフィリピン滞在時、彼女を観察していると、

確かにボスだ。

 

 

お母さんの料理の手伝いや洗濯は、近くに住む彼女の姉が来てやっていた。

嬉々として洗濯をするお姉さんの姿に、

働き者だなぁ~

と思うくらいだった。

 

 

その間、彼女は何も手伝わない。

 

あまりの女王さまぶりに、

「イカウ、何もしないの⁈」

と、思わず俺は彼女に聞いてしまったほどだった。

 

 

すると、

「イイの。お姉さんにはペラ(お金)あげてるから…」と、彼女。

 

 

つまり‥

妻とお姉さんとの間には、『手伝いのお礼としてお姉さんにお金をあげる』という、

雇用関係みたいなものが出来ていた。

 

 

手伝いに来るお姉さんは、それで満足しているようだ。

 

 

焦げた鶏の手羽先

まだ小学生低学年や年長くらいの、妻の甥っ子、姪っ子には、

『お駄賃』として1ペソ、5ペソをあげる代わりに、

近くのサリサリにジュースやタバコ、お菓子を買いに行かせてもいた。

 

お釣りをいくらかあげたりもして、

妻と姪っ子たちには、完全に主従関係が出来ていた。

 

 

これは何も彼女のワガママというわけでなく、

フィリピンには、

 

『妹が一家の稼ぎ頭であれば、たとえ兄でも妹の言葉に従う‥』

という言葉があるくらいに、

稼ぎ頭の言葉に従うのが当たり前‥らしい。

※妻の言葉によれば‥

 

 

子供のお使いに関しては日本でも同じようなものだが、

フィリピンでは子供にお使いさせる頻度が、日本以上に高いように思える。

 

 

 

確かに、

 

目の前にいる彼女(妻)は、紛れもなく、

彼女たち家族で一番の稼ぎ頭だ。

 

 

一番上のお兄さんでさえ、末っ子の彼女の言葉は無視できない。

 

 

 

フィリピンでは、

お兄さんお姉さんでさえも、アゴで使っていた彼女。

 

 

そんな彼女が一生懸命に作ってくれた、

黒い焦げ跡がある、鶏の手羽先の唐揚げ。

 

馴れない料理に悪戦苦闘しながらも、日本に来て初めて彼女が作った夫への料理。

 

 

『ここから2人の歩みがスタートするんだ‥』

 

そう思いながら食べた焦げた手羽先を、

今も時々、懐かしく思い出す。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過したが…詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ