3035856344

今はタバコやめました

 

かつては、憩いのひと時‥

日本では現在、タバコのほとんどの銘柄が500円以上になっている。

 

一箱20本で、ワンコイン…

愛煙家にとっては、
これを高いと見るか、それとも至高の贅沢品と見るか…

 

 

 

少し前までは、分煙化で落ち着くかに見えたが、
公共施設、レストランなどは今や禁煙が当たり前になり、

 

喫煙所の設置にも、

厳しい反対意見が出る世の中。

 

歩きタバコしている人の姿も、めっきり見かけなくなった。

 

タバコは税収が大きいため、
完全廃止にはできないのだろうが、

 

喫煙の規制は世界的な流れでもあり、これからも厳しくなりそう‥

 

 

「憩いのひと時」

 

などと、テレビでタバコがCM放映されていた時代は、

はるか遠い過去の話だ。

 

 

慣れた仕草で

フィリピンというと、
以前は喫煙大国とも呼ばれ、

歩きタバコ、ポイ捨ては日常茶飯事、
タバコの吸い殻が、道端にたまっているありさま。

 

 

 

これは以前、

妻の二番目のお姉さんの旦那さんが、来日した時のこと。

 

 

 

私の家に、彼が連絡なく訪ねてきた。

久しぶりの再会に妻は驚きつつも喜び、

玄関先で、立ち話が始まった。

 

 

喫煙家の彼は、

おもむろにタバコを取り出し、火をつけて吸い始めた。

話しが盛り上がり、笑いながらタバコをうまそうに吸っていたが、

 

吸い終わるや、地面にタバコを擦り付けて火を消すと、

慣れた仕草で当たり前のように「ポイ!」と、

 

玄関から離れたところに投げ捨てたではないか!

 

 

 

確かに、

 

タバコの投げ捨ては、フィリピンでは見慣れた光景だ。

 

自宅の庭先からでも、

目の前の道端に向かい、

ためらいも無く、吸殻を投げ捨てたりする。

 

 

 

これじゃあ、道端に吸殻が散乱するのも当たり前…

 

 

 

2018年のWHOの統計でも、
フィリピン男性の喫煙率は40.8%、
女性は7.8%ということで、
まだまだ喫煙率は高い。

それでも、
ドゥテルテ大統領になってからは、かなり規制が厳しくなったと聞く。

 

レストランなども分煙ではなく、
2017年からは完全禁煙。

政府期間や公共の場所(ホテルなど)、マーケットやタクシー車内でも禁煙、
喫煙エリア以外の場所や路上での喫煙、歩きタバコも禁止など、

 

先進国並みの規制になっている。

 

一本から買える

そんなフィリピンだが、

 

住宅街にもあるサリサリストア(日用品などを売っているお店)で、
タバコがバラ売りで1本から買える。

 

 

値段は1本3~5ペソ、約7~12円くらい。

 

なお、コンビニなどではバラ売りせず、

日本同様に箱で売られている。

 

 

このバラ売り、
手持ちがなくて、1~2本タバコが吸いたいな~という時に、

実に便利だ。

 

幹線道路でも、タバコ売りの行商人が商売しているので、

渋滞時に車中から声をかけ、

数本買う…

 

そんなことも出来る。

 

 

フィリピンでの人気の銘柄は、
マルボロが一番らしいが…

マイティ、フォーチューン、マーベルズなどの安いタバコも定番商品。

 

個人的には、
イルカの図柄のΓマイティ」MIGHTY が、

ローカル色があって好きだったが…

 

 

パッケージが‥

近年フィリピンでは、
タバコの有害性を訴える意味からか、

 

喫煙により皮膚がただれていたり、喉が膨らんでしまったりとか、

真っ黒な肺の様子とか、

そういった症状の写真をパッケージに載せないといけないらしく、
何ともおどろおどろしい写真付で、タバコが売られている。

 

 

日本だと文字による警告だけなので、

初めて見ると、かなりショッキングだ…

 

 

それでも、吸いたい人は吸う。

 

 

いずれにせよ、
喫煙環境も含めた、

「タバコによる悪影響の認識」に関しては、

 

日本よりもフィリピンのほうが、先を行っているのかもしれない。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過したが…詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ