コウノトリに逃げられた?!

 

お腹イタイ…

妻の妊娠がわかり、翌年の春頃には子供が生まれる…

俺も父親になるのか!!

信じられないような不思議な感覚だった。

 

妻は、赤ちゃんの名前を、

男の子なら、ヒデキ、

女の子なら、マリア、がいい…

と考え、

まだ半年以上も先の産まれてくる日が待ち遠しいのか、毎日嬉しそうだった。

 

男の子でも女の子でも、元気で産まれてくれれば…

自分は、

ただただ、そう願うばかりだった。

 

 

そんなある日…

 

妻が突然、

「アサワ…お腹イタイ…!!」

と言い出した。

 

初めは食あたりとか、

そんな類いかと思い、

 

「へんなもの食べたんじゃないの?!」

などと軽い気持ちで答えていたのだが、

 

どうもそうではないらしい…。

 

そして、

トイレから帰ってきた妻が、

 

「アサワ…血が出た…!!」

と言うではないか!!

 

まさか…

 

イヤな予感がする…

 

翌日、

慌てて妻と二人でレディースクリニックを訪ねた。

 

相変わらず妻は、

お腹が痛いと言っていた…。

 

そして…

 

 

結局、

流産となってしまった…。

 

オペをした為、

一日だけ入院することになったが、

妻は、夜通しお腹が痛いと言い、ろくに眠れなかったようだ。

 

 

妊娠からわずか2、3ヶ月足らずで失った命を想うと、

妻も私も、涙が溢れて止まらなかった。

 

 

子供が助けてくれた?!

妊娠がわかる前、妻はかなりの過食症になっていて、

元々47㎏くらいしかなかった体重が、

半年あまりの間に、

あっという間に70㎏を超すくらいになっていて、80㎏にもなろうかというほどだった…。

 

高血圧など、

体調が良くないことが多くなっていた。

 

 

それも、

流産の原因の1つになったのかもしれないが、

 

皮肉なことに、

 

流産になって以降、妻は痩せていき、

体調も良くなっていったのは、

 

 

生まれてくるはずだった子供が、

母親を助けた…

 

そう考えるのは、

あまりにも美化しすぎかもしれない。

 

しかし、

私はそう思いたい…。

いや、

 

そう思わずにはいられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スター気分?!

タガログversion

JPMについては、

以前にも話したことがあると思う。

 

Japan Pilipino Music の略であり、

日本のヒット曲を、タガログ語で歌っているものを指す。

 

有名なのは、

徳永英明の「最後の言い訳」を、

日本人歌手のテッド伊藤がタガログ語でカバーした、

「Ikaw Pa Rin」だろう。

 

1990年代半ば~後半にフィリピンで大ヒットし、

テッド伊藤は一躍スターになった。

 

 

当初は、

″日本とフィリピンのハーフ″という触れ込みだったらしい。

 

初めてテッド伊藤の歌声を聴いたとき、

タガログ語が上手なので、

 

 

 

「この人、一体何者?!」

 

と驚いたものである。

 

日本、フィリピンのハーフなら、タガログ語が上手くて当たり前か…

 

そう納得したのだが、

本当は生粋の日本人。

 

 

「Ikaw Pa Rin」でもテッド伊藤について話しているが、

http://kawaiitsuma.com/tagarogugo/ikawparin.html

 

Ikaw Pa Rin の他にも、JPMを何曲も歌っている。

 

歌ってみた!!

同じ徳永英明の「壊れかけのRadio」

谷村新司の「Far away」

 

そして、

尾崎豊の「I love you」

などもタガログ語でカバーしている。

 

1980~1990年代の日本のヒット曲がJPMに多いのは、日本がバブル全盛期で海外進出に積極的だったからなのでは…?!

 

 

 

というより、

 

 

当時の日本での、フィリピンパブの爆発的な人気が、原因に考えられるだろう。

 

日本に出稼ぎに来るフィリピーナの、

「仕事用」として、

JPMは需要があったと思われる。

 

 

サービス精神旺盛な愛くるしいフィリピーナが、日本のヒット曲をタガログ語で歌う…

 

これだけでも、

日本人のお客さんとフィリピーナの間で話のタネが出来る。

 

 

果たしてテッド伊藤は、そこまて考えてのフィリピン進出だったのか?!

 

それはわからないが、日本のピンパブの功労者であることに間違いないだろう。

 

 

 

 

そんなテッド伊藤のタガログカバーする、

「 I love you 」だが、

カラオケでは、

タガログversionが見つからなかったので、

尾崎豊の「I love you」のカラオケで歌ってみた…。

 

 

 

ちなみに、

 

JPMは、

日本語の歌詞とは、全く意味が異なるタガログ語で歌われていることが多い。

 

また曲の雰囲気が全く変わるのも、一つの魅力かもしれない。

 

 

 

それにしても…

 

 

お耳障りは承知の上、

スター気分で歌ってますね…( ̄▽ ̄;)

 

 

迷信を信じる人達

 

Ikawは外国人ダカラ…?!

フィリピンという国は、私にとっては何もかもが魅力的に映る。

 

 

南国の眩しい太陽、ビーチのヤシの木、

長い黒髪の可愛いらしいフィリピーナの笑顔、

 

口髭を蓄えたトライシケルのドライバー、

 

ジプニーの乗降口の手すりに掴まりながら、立ったまま乗っている少年…

 

パレンケに集まる様々な人々…

 

 

 

一日中見ているだけでも飽きないのだが、

フィリピンに来たからには、フィリピンの色に染まりたい!!

 

常々そう思っていたが、

思わぬ形で、フィリピンの新たな一面を体験することになるとは…。

 

 

 

 

妻と結婚して2年目くらいの、フィリピン渡航時の出来事だったと記憶している。

 

 

妻と二人でのフィリピンへの帰国。

 

宿泊はもちろん、彼女の実家。

その実家から歩いて10分くらいの場所に、彼女のお母さんが野菜を作っている、小さな畑があった。

10坪あるかないかの広さだろうか。

 

オクラ、ミニトマト、モロヘイヤみたいな葉物野菜を作っていたように思う。

のとかな家庭菜園といった感じだ。

 

 

他にも、

妻のお兄さん、お姉さんの子供たちと一緒に近所にある小学校を見に行ったり、

 

皆でパレンケに行ったりと、

日本人の私が退屈しないようにと、

いろいろ気を遣ってもらった。

 

 

 

畑から帰ってきてしばらくしてから、

何となく体がダルく感じた。

 

疲れたのかな?!

そう思って初めはそれほど気にしなかったのだが、頭痛は治らず、夜になってから発熱も起こし、皆が慌て出した。

 

 

頭痛薬を飲んだりしても効き目がないのを見た妻は、

「イカウは外国人だから、

クボ(土地、ここでは畑のことだろう)にいるお化けに取り憑かれたんだよ、タブン…」

などと言い出す。

 

 

 

何を言ってるんだ?!

 

 

そう思ったが、

お母さんたちは心配して、何やら相談を始め出した…。

 

 

現れた祈祷師!!

 

「今、お祈りする人(祈祷師)呼んでるから、待ってて。」

と、妻が一言。

 

 

はい?!

 

祈祷師?!

 

病気をお祈りで治す、そんな話は聞いたことがあるが、まさかフィリピンはそういう国なのか?!

 

 

あまりにも怪し過ぎる…。

 

 

しばらくして家に来たのは、50代半ばくらいの女性だった。

 

ベッドで横になっている私に、ヴィックスというクリームを胸や腕、肩に塗ったり擦ったりして、何やらお祈りを始め出した。

 

 

時折、

 

 

彼はいつから熱が出ているのか?

今日は何処に出掛けたのか?

彼は何処の国の人?!

 

そんなことを妻に尋ねている。

 

 

お母さん、子供たちは心配そうに見ている。

 

 

現代の日本でこんな場面に遭遇することなど、まずあり得ないだろう。

 

しかし、

発熱と倦怠感で虚ろな状態の私は、

祈祷師のされるがままに身を任せていた。

 

とにかく、早く治ってほしい…

 

ただそれだけだった。

 

 

 

結局、

妻が言っていたように、土地のお化けに取り憑かれていたらしく、

祈祷師さんは、お祈りしたからもう大丈夫、とのこと。

 

 

 

初めての体験のあまりの怪しさに、

 

これがフィリピンの迷信、民間信仰か…

と妙に納得したのだった。

 

 

確かにその後はすっかり治ったので、効き目があったのだろう。

 

 

こんな出来事も、

フィリピンの魅力から私が離れられない原因かもしれない…。

授かり物

 

自分も父親になる?!

結婚して日本で生活を始めて3年目のある日。

 

 

「アサワ…アコ、まだ生理が来ないヨ…

もしかして、ブンテス(妊娠)カナ?!」

 

突然、妻がそんなことを言ってきた。

 

 

それまでも生理が遅かったことが何度かあったので、

「たぶん、そのうち来るんじゃない?!」

 

と軽く受け流して返事したのだが、

妻は何となく納得できないようで、また様子が少し変だ。

 

 

 

「最近、気持ち悪いときもあるし、レモンとか酸っぱいのが食べたくて仕方ナイダケド…」

 

確かに、

彼女は最近、食欲が以前より増えた気がする。

 

結婚前は体重が48㎏くらいしかなく、

お腹と背中がくっつくんじゃないか?!

そう思えるほどに痩せていたのが、

 

ここ最近は、ほっぺたもふっくらしてきて、

お腹も少し膨らみ、何となくポッチャリしてきたことは感じてはいたが、

 

 

まさか、妊娠?!

 

「まあ、もう少し待てば来るよ…」

「ソウカナ…」

 

 

その時は、彼女も渋々ながら納得したのだったが…。

 

アコ、ブンテス!!

それから何日か過ぎた日、

 

 

「アサワ、コレ見て?!」

 

そう言いながら彼女が見せたのは、薬局で売っている妊娠チェックシートだった。

 

「見て?!色が変わってるデバ…?!」

 

 

確かに、色がついている…。

「うん…確かに…」

「デバ~?!アコ、ブンテス!!」

 

もう、妻はすっかりはしゃいでいる。

 

 

次の日にチェックしても、確かに色が変わっていて、これは病院で診てもらおう…ということで、自宅から程近いレディースクリニックに行ってみることに。

 

 

 

 

初めて訪れたレディースクリニックは、

外観は清潔感があり、

待ち合い室も何となく可愛らしい感じで、

子供が遊べるスペースが設けてあった。

 

お腹の大きな妊婦さんや、

 

迎えに来た旦那さんや家族と一緒に、赤ちゃんを抱きながら退院していく若いママさんがいたり、新しい命の輝きに包まれていた。

 

 

 

名前を呼ばれ、妻と二人で先生のところへ。

 

妻は診察台がある間仕切りされた部屋へ、不安そうに入っていく。

初めてのことだけに、緊張も隠せない様子…。

 

 

しばらくして妻は出てきて、

先生から話があった。

 

 

「おめでとうございます。妊娠してます!」

 

TVドラマでよく見たりするシーンの、そんな言葉とは少し違ったが、確かに妊娠しているという。

まだ2~3ヶ月ということだが、渡されたエコー検査の写真には、それと思える影が写っていた。

 

 

「来年の3月には生まれるでしょう」

 

ついに、自分も父親になるのか?!

 

先生の言葉が信じられない気持ちだったが、妻は隣で嬉しそうにしている。

 

 

生まれてくる子供の為にも、

そして、妻の為にもしっかりしないと…

 

そう思わずにはいられなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大家族がイイ?!

 

子供は5人

「日本人の配偶者等としての在留資格」

を得た妻を、

フィリピンに迎えに行ったその帰り、

つまり二人で日本に入国する日の朝に妻が大泣きしたのと同じ日、

 

マニラ空港に向かう途中か、

飛行機の中だったかの覚えがあやふやなのだが、彼女が突然、

 

 

 

「アサワコ、2人の子供、5人ね!!

アコ、子供大好きダカラ…」

 

といきなり言い出したのである!

 

 

彼女自身、7人兄弟姉の末っ子ということで、

やはり、家族は多いほうが良いということを、

幼い頃から感じていたのだろう…。

 

 

しかし、

 

 

 

 

今の日本で、子供が5人もいる家庭は珍しい。

それこそ、大家族としてTVに出られそうである。

 

「アサワ~、ワカッタ?!ハ!」

 

そう畳み掛けてくる彼女。

 

 

『子供5人もいたら、学校に通うようになったら一体どれくらいお金がかかるんだ?!』

 

 

 

そんな稼ぎが、この俺に出来るのか…。

 

 

今思えば、

この時の弱気が、その後の波乱万丈の結婚生活を招いてしまったのかもしれない。

 

 

「オォ、ワカッタよ!!」

 

そう答えたものの、仕方なしの返事だった…。

 

 

 

3年目に…

当初は、アパートで2人だけの甘い結婚生活が始まった。

いきなり自分の母親、彼女にとっては姑にあたる人との同居生活は無理だろう…と思ったからだ。

 

日本人同士でさえ、嫁姑の間は良いものではないのに、外国人となると全くどうなるのか予測不能状態。

 

 

それでも、そう遠くない場所に住む姑のところに頻繁に行ってるうちに、かなり打ち解けたらしく、

 

「お母サン、1人で住むカワイソウ。

アコ、一緒に住むヨ…」

 

自分からそう言い出し、2人だけのアパート生活は数ヵ月で終わり、

私、私の母親(姑)、彼女、の3人での生活が始まった。

 

 

 

この時、

自分は何となくまだ、アパートで2人で生活していたほうが良いのでは…?!

 

そう感じていた。

 

 

自分の独立心が、親と一緒に住むことで実家に甘えてしまうのではないか?!

そんな不安が絶対に無い!

と言い切れなかったからなのだが…。

 

 

この時の決断が、その後の結婚生活を決める、

最初のターニングポイントだったかもしれない。

 

 

 

人生に、もし…というのはないが、

この時まだアパートに留まっていれば、全く別の結婚生活になっていたに違いない。

 

 

 

そして、それから3年後のある日…

 

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ